アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カメラ付きが主流

一軒家

各住宅に備え付けのインターホンの多くは、ボタンを押すと呼び鈴だけが鳴るタイプです。
最近では防犯のためや、来客の確認のためにカメラ付きのインターホンが発売されています。
価格は非常にリーズナブルで、2.5インチの液晶付きのモデルで約8000円、3.5インチ液晶の録画機能付きで、更に夜の間はLEDで照らしてくれる機能がついたものでも10000円台となっています。
また、これらの住宅用インターホンの中には、子機がついているものまで存在します。
子機があるモデルに交換すれば、リビングにある親機の液晶を確認することなく、自室から来客を確認することが出来ます。
交換についてはすこし工夫が必要である場合もありますが、簡単な交換方法としてはコンセントから直接電源を取り入れる方法です。
これは壁にあるコンセントを使用するので、本体を壁に取り付けるだけです。
そのためのスペースの確保のみでよいです。
少し工夫が必要なタイプは壁の中に通信用コードを通しているタイプです。
これは家の中の回路を理解して取り付ける必要があるので、業者に頼まなければいけないケースが多いです。
各住宅にインターホンを業者に取り付けて交換もらうと、別料金で8000円ほどコストがかかります。
しかし、住宅用インターホンを交換することによって得られる安心感は大きいです。
少しコストは掛かりますが、一度交換してしまえばその住宅ではおそらく10年ほどは使い続けるので、長期的に見るととても経済的に安心感を得られることがわかります。
また、業者を呼ばなければならないと思われるようなケースでも既存の電源を用いれば、特に大きな工事をすることなく交換が可能になります。
しかし、賃貸の場合は無断で交換してしまうと大家さんとのトラブルを招く恐れがあります。
もし賃貸に住んでいる方でインターホンを取り替えようと考えている方は、一度管理人の方に断って許可を得てからするようにしましょう。

オススメリンク

ドアホンの交換は1万円以下で依頼できます@インターホン110番

インターフォンの取り付け工事の口コミサイト;インターホン工事の口コミ

エントランス

多機能充実型が安心

数十年前までは、住宅のインターホンはもしもし方式でした。
ピンポーンと音が鳴ったら受話器を取り、訪問者と会話していました。
会話できること自体が革新的だったのです。
今のインターホンはほとんどがハンズフリー。
受話器を取ら…Read more

一戸建て

さまざまな種類がある

住宅のインターホンはいろいろな種類があります。
住宅のインターホンといったら、以前は声だけで対応するもの、が主流でした。
しかし、今はTVモニター付きの物もあります。
TV付のものは、モニターが白黒の物やカラーの物もあります。Read more

関連リンク